FC2ブログ

姫路ハーベスト医療福祉専門学校BLOG

姫路ハーベスト医療福祉専門学校の新着情報をお知らせします。

医薬健康学科2年生 登録販売者資格合格率100%!

姫路・西播介護サービス実践発表会2019

介護福祉学科 教員 前田です。
9月15日(日)、本校で「姫路・西播介護サービス実践発表会2019」が開催されました。
今年は<自己決定を支える介護>をテーマとし、その方らしい生き方とは?利用者様の自己決定を支えるためには?を、参加者みんなで考える発表会になりました。

その発表会に介護福祉学科1年生・2年生も参加しました。15:00までは、実践発表会が行われ、3つの会場で各発表者の方が題目にそって施設での取り組みが発表されました。下記の写真は、グラレコグループ むす部の『自己決定を支える介護として「もしバナ」を支援する人こそ体感してみよう』という発表に学生も参加している様子です。

blog20190915k-01.jpg

15:15からは講堂にて「自己決定を支える介護」について特別フォーラムがありました。
4人の発表者(特別養護老人ホーム、居宅介護支援(障害者相談支援)、小規模多機能ホーム、訪問看護ステーションの方々)からその取り組みについて発表があり、その後、会場にいる方を含めた意見交換がありました。

blog20190915-k2.jpg

以下は、発表会に参加した学生からの感想です。
〇 利用者様本人の思いや希望等をしっかり聞き、その方らしい生活の支援につながるようこれからも学んでいきたい。
〇 利用者様の言動を否定するのではなく、利用者様の思い・気持ちに共感することが大切であるという事。「認知症だから」や「何もできない」と考えるのではなく、その方に応じたどのような支援がよいか?より良いくらしを行うには?と考えることが大切だという事がわかりました。
〇 「その人らしく暮らす」「できる事は自分でしたい等の利用者様ご本人の思いを尊重する」事も学びました。 この学びをこれからも大切にしていきたいと思います。

ハーベスト祭に向けて

blog20191003-02.jpg

こども保育学科の教員 山口です。
ただ今、こども保育学科の1年生はハーベスト祭に向けて合奏の練習中です!演奏曲目は「A Whole New World」、アラジンのテーマ曲です。パート別に分かれて、楽器がと得意な学生が中心となり教え合います。

blog20191003-03.jpg

こども保育学科にはたくさんの楽器があり本格的な合奏ができます♪
ぜひ、学生たちの生演奏を聴きにハーベスト祭にお越しください。

オープンキャンパス・デビュー

blog20190930-ri01.jpg

9月21日(土)に開催したオープンキャンパスは、理学療法学科昼間部1年生の長野波留くんがお手伝いをしてくれていました。前期は2年生がお手伝いをしてくれていたので、1年生のお手伝いは初めてです。入学してから半年足らず、緊張しながらもハーベストの魅力や授業の様子などを一生懸命、説明してくれていました。来ていただいた高校生にも伝わったと思います!




実習を終えて

こども保育学科教員の中村です。
1年生が実習から帰ってきました!一人一人と面談をし、未熟な学生達ではありますが、実習先のご配慮を賜り、様々な体験から色々なことを学んで帰ってきたのがよくわかりました!実習先の先生方に感謝です。本当にありがとうございました。下記は後期学級委員長Iさんの感想です。
2週間の実習を終え、自分の未熟さや、保育と子育ての違いに気づき、難しさを知りました。この貴重な経験を生かし、しっかり学びもっともっと良い保育士になれるよう後期も頑張って行きたいと思います。

20190912hoiku-0.jpg



Iさんは、自分の母園でもあり、娘さんの母園でもあるということで、たくさんの先生方に可愛がって頂きつつ、一生懸命頑張っていました(*^▽^*)

また、2週間ぶりに実習から帰ってきた学生たちで、校内のたまったホコリを掃除しました。
20190912hoiku-02.jpg
担任の私は、巡回指導で園を訪問したり、後期の準備をしたりしつつ、新しい手袋人形を完成しました☆

こども保育学科 教員 中村