FC2ブログ

category: 理学療法学科  1/16

「病気がみえる!」サークル

後期授業は8月24日から開始しています。早速、夜間部を中心とした「病気がみえる!」サークルの活動を行いました。1年生も2年生も、後期は実技系の授業が増えてきますので、その予習も兼ねて、本日のテーマは「触察」としました!「触察」は理学療法士にとって必要不可欠な知識と技術になります。今日は手始めに実際の体表面上に肩甲骨と棘上筋という筋の形を投影することを行いました。身体に直接触れる学習となりますので、活動...

  •  -
  •  -

評価学の実技試験!ドキドキ…

こんにちは。理学療法学科 教員の戸田です。先日、理学療法学科昼間部・夜間部2年生の学生が評価学の実技試験を終えました。評価学では、治療や治療後に、その患者様の身体が今どのような状態なのかを把握する(評価する)方法を学ぶ教科です。今回の実技試験範囲は、約100項目‼約100項目ある中からどの項目が試験に出題されるのか、各ブースで発表されます‼ 「緊張で覚えたことが飛んでしまいそう…」と緊張している様子がみられ...

  •  -
  •  -

応急救護と救急救命の講義を開催しました

理学療法学科 教員 三浦です。先日、理学療法学科2年生の夜間部・昼間部の学生が、救急救命、応急救護の実技を受講しました。上の写真は、AEDの使用方法や胸骨圧迫法など練習をしている場面です。他には、三角巾の利用の仕方や四肢の固定の仕方、搬送方法なども練習をしました。学生からこんな意見が………「実際の場面で、私なんかが人の命に携わることをしていいのだろうか……でも、そう思うから、しっかり練習します!」そんな...

  •  -
  •  -

学外授業

こんにちは理学療法学科教員の亀野です。生活環境論の授業の一環で、神戸市西区にある「福祉のまちづくり研究所」へ福祉用具の見学に行ってきました。学内では見る(体験する)ことのできない最新の車いすや歩行器などの福祉機器にみんな興味津々でした。また、普段あまり見ないような真剣な表情で、学生が施設の職員のかたの説明に耳をかたむけていたのが非常に印象的でした(^_^ゞ今回の経験を通して、対象者の「在宅生活を支援する...

  •  -
  •  -

学園章授与式

理学療法学科 教員、石井です。理学療法学科1年生の昼間部・夜間部では、7月に校章授与式が行われました。校長先生よりお言葉をいただき、姫路ハーベストの一員だということや、理学療法士になるという強い思いを感じました。...

  •  -
  •  -