FC2ブログ
2018
0730
Mon
tb* -
com*-

保育の交流事業

みなさん、こんにちは! リトミック保育学科です(^^)

現在、姫路市こども政策課、姫路市の保育園、姫路市の保育養成校が連携し、
高校生の皆さんに、保育の仕事や保育士の役割について知ってもらいたい!という熱い気持ちから
始まった「交流事業」が行われています。

7月28日(土)には、やぐら保育園さんを見学された高校生の皆さんに、
ハーベスト医療福祉専門学校にて、リトミック保育学科の体験学習に参加していただきました!

「リトミック」「幼児体育」といった授業を一緒に楽しんだり…

blog20180730-1.jpg

手あそびや手袋シアターを紹介したり…

blog20180730-2.jpg

絵本の読み聞かせやクイズを体験したり…

blog20180730-3.jpg

参加してくださった高校生の皆さま、姫路市こども政策課 圓尾課長他 職員の皆さま、アドバイザ-の竹中先生(大原医療福祉&スポーツ保育専門学校姫路校)、誠にありがとうございました。
これからも保育士の仕事や本校の授業をどんどん紹介していきますので、高校生の皆さま、保護者の皆さま、ぜひぜひハーベスト医療福祉専門学校のオープンキャンパスへお越しください!!
お待ちしています(^^♪

2018
0724
Tue
tb* -
com*-

1年生リトミックデビュー

姫路市の太市こども園にて、リトミック保育学科1年生がリトミックデビュー!!
子ども達と音とリズムで触れ合いました。
最初は、お兄さん、お姉さんとペアになって…子どもたちもドキドキ!

blog20180724-1.jpg

元気な音には、ダイナミックなジャンプ、
軽やかな音には、人差し指で手拍子をしてみせてくれました。みんな素敵!

blog20180724-2.jpg

最後は、授業で覚えた手遊びと
先輩を見て学んだダンスををプレゼント!
子どもたちとエビとカニになりきりって
踊りました。

blog20180724-3.jpg

太市こども園の先生方、子どもたち、
楽しいひとときを、ありがとうございました。
まだまだ未熟者ですが
これからも、歌って踊れる保育士を目指して
がんばります。




2018
0621
Thu
tb* -
com*-

施設実習事後報告・発表会

5月に施設実習の学びを終えた2年生。
6月20日(水)、クラスメイトや後輩の1年生に向けて、実習事後報告・発表会を行いました。
20160620-001.jpg
20160620-002.jpg

それぞれの施設の紹介と頑張ったこと、失敗談などを熱く語りました。

20160620-003.jpg

司会者・タイムキーパーが上手く進めてくれました!

20160620-004.jpg

ポスター発表時間では、後輩たちの質問攻めに合う大盛況!

20160620-005.jpg

最後は、学科長からの講評です。
保育現場は「人間性」が表れる!
どんなときも積極的であれ! 熱く!粘り強く! 

2018
0611
Mon
tb* -
com*-

リトミック保育学科 地域貢献事業「子どもハーベストルーム」

20180608-1blog.jpg

ハーベスト医療福祉専門学校では「親子で遊ぼう♪リトミック」と題し、地域貢献の一環として毎年「子どもハーベストルーム」を定期的に開催していて、今年でちょうど10年目になります!対象は1歳ごろから小学校就学前のお子様とその保護者で、地域のみなさんには気軽に「リトミック」を体験し楽しめる機会として活用していただいています。

20180608-2blog.jpg

講師は今年も馬場みどり先生、学生たちは、会場設営(飾り付けも含む)から受付、誘導、お子様たちの受け入れ、司会、手遊び、パネルシアター、まねっこ遊びなど、先生のリトミックのお手伝いをしながら「子どもハーベストルーム」の実行に携わっています。

20180608-3blog.jpg

子どもや保護者のみなさんに喜んでいただきながら、学生たちにとっては、保育実技の実力を養う良い機会になっています。

20180608-4blog.jpg


今回も多くの方たちにご参加頂き、ありがとうございました。こうして学生たちも少しづつ成長しています。


2018
0118
Thu
tb* -
com*-

救急救命講習

blog20180118-1.jpg

1月18日(木)、リトミック保育学科2年生は姫路市防災センターで普通救命講習を受講してきました。 いざという時に園児の健康や命を安全に守るためには、重要かつ必要な講習です。

blog20180118-2.jpg

姫路市では通報があってから救急車が到着するまでの平均時間は8分少々ということですが、当然場所や状況によってはそれ以上かかってしまうこともあります。何か起きた場合、大人と違って子どもは悪くなるのが早いので、そばにいる大人は迅速で的確な判断と処置が求められます。

blog20180118-3.jpg

グループに分かれて、心肺蘇生法やAEDの使用法の実技が行われました。教室とは違う場所での講習に、やや緊張感が漂う中、みな真剣に実習に挑みました。

blog20180118-4.jpg