2008
0424
Thu
tb* -
com*-

介護福祉学科の演習を覗いてみよう!

授業が始まってから、はや2週間がたちました。
学生は緊張も解け、授業がたのしくなってきた頃ではないでしょうか。

今日は介護福祉学科の授業を覗いてみたいと思います。

科 目:介護技術1 ~車いすの介護法(演習)~
目 的:車いすでの基本的操作を習得し、車いす移動の介護実習を行う。
    また、車いすで移動する利用者体験をし、利用者の心理側面を
    理解し、介護に活かす。
方 法:校内での平地・ドアの狭所・段差・坂の上り下り・エレベーター
    の乗り降り・障害者トイレの車いすの介護を行う。

コースを確認して、出発です。
0424_1.jpg

利用者さんに声をかけながら、スロープを上ります。
0424_2.jpg
下るときは、慎重に後ろの安全を確認します。

0424_3.jpg
教室の中の狭所を通っています。
利用者さんの手の安全を確認しながらの介助です。

0424_4.jpg
いろいろ声をかけてもらい、利用者さんも笑顔で楽しそうですね。

学生に、この授業の感想を聞いてみました。

「以前、高校で車いす体験をした時は、勉強をしていなかったので分らないまま介助をしていましたが、講義を受け、利用者の安全を守るため、注意しなければならないことがたくさんあると分かりました。」

「利用者体験をして、車いすを押されているスピードが速くて怖かったり、声かけがないと不安になったりと、利用者の方の不安や恐怖感が少し理解できるようになりました。」

しばらくの間車いすを体験して、いつもと違う景色に興味を覚えつつも、気遣いの多さに戸惑ったようです。校舎内だけでなく、外に出かけての演習も行われるそうなので、実習等の現場で活かせるように、経験を積んでいってほしいですね。
2008
0408
Tue
tb* -
com*-

ハーベスト医療福祉専門学校スタート!

ハーベスト医療福祉専門学校のホームページへようこそ。
私は、このコーナーを担当しております、
森本と申します。どうぞよろしくお願いします。

4月4日に無事、入学式を迎えることができ、
いよいよハーベスト医療福祉専門学校の開校です。



式は国歌斉唱に始まり、厳粛な雰囲気の中とり行われ、
その模様は神戸・毎日・読売の3紙にも掲載されました(4月7日付)。


新入生を代表して、
兵庫県播磨高等学校卒業生の
中野智穂さんが、
「高度の専門性と豊かな人間性を兼ね備えた
プロフェッショナルを目指します」
と力強く宣誓されました。


校舎が完成してから4ヶ月。
学生が入学してくるまでの間はとても静かなものでしたが、
俄然活気が出てきた感じがします。
やはり、学校の主役は学生なんですね。

船出したばかりの本校の針路を決めるのは、
この第1期生に他なりません。
温かくも厳しく、そして大切に、見守っていきたいと思います。