FC2ブログ
2008
0929
Mon
tb* -
com*-

『コミュニケーション学』第2回 増井孝子さん

『コミュニケーション学』第2回目は、ラジオ関西等でパーソナリティとして活躍されている、増井孝子さんの登場です。コミュニケーションについての概観と、実際に発声する技術について講義していただきました。



ある言葉から連想するものが人それぞれ違うように、話す相手によって受け取り方に違いがあることや、そもそも声が相手に聞こえなければ、伝えたいことも伝わらないということで、言葉を発するメカニズムやスキルについての解説は、アナウンサーを仕事とされている方ならではのものでした。



今後、コーチングNLPのスキルを取り入れたトレーニングを行っていく予定です。

2008
0916
Tue
tb* -
com*-

『コミュニケーション学』第1回 桂南光さん

本校では、「心の教育」の推進に力を注いでいます。この授業では、医療・福祉の現場で求められる「心の通いあう人間関係」を構築するための、ノウハウやスキルを身につけることを目的としています。

第1回目の講師は、落語家の桂南光さん


「笑いの持つパワー」と題して、俳優の方達にインタビューしたときの経験などを話していただきました。事前に相手のことを調べ、気持ちをほぐすような話題を持ち出すことで、初対面の人でもたくさんしゃべってもらうような工夫をしたそうです。

『コミュニケーション学』では計4名の講師をお招きして、専門的な内容にまで踏み込んでいく予定です。


2008
0911
Thu
tb* -
com*-

前期を振り返って

校長 野田昌義

稲穂が風に揺れ、赤とんぼの雄飛する姿に秋を感じる今日この頃です。ハーベストの季節がやってまいりました。ハーベストの響きから豊かな実りの予感を感じませんか。ハーベスト医療福祉専門学校では、『心』と『技』を兼ね備えた品位ある理学療法士・介護福祉士・保育士の育成をめざして日々邁進しております。

前期を振り返ってみて、はじめに、第1期生の入学式がありました。厳粛な中に本校の校訓にあります「礼節」を踏まえた温かみのある入学式を挙行できました。さらに、5月30日には、桂米朝一門を迎えて、開校記念高座及び開校記念祝賀会を実施することができました。地域の関係機関や地域の方々にご協力をいただきながら、医療・福祉の分野で地域社会を支えることのできる学校でありたいと考えています。

理学療法学科では、4月に昼間部・夜間部合同の蒜山での宿泊オリエンテーションを行いました。セミナーハウスでの研修、研修棟での発表と親睦、体育館でのドッジボール大会を通じて、お互いを知り合うのに最高の機会となりました。

6月には、校内球技大会で全校生がバレーボールに青春のよい汗をかきました。スカッと気持ちのいい1日になりました。

介護福祉学科と保育学科では、8月に蒜山高原のセミナーハウスで2泊3日の夏季合同研修会を行いました。蒜山登山、学科ごとの研修・発表、自然観察、レクリエーションにバーベキューと大いに研修と親睦を深めることができました。

学習面では、朝早くから夜遅くまで一生懸命努力している人がかなりいますが、結果、優秀な成績を収めています。日頃の努力に敬意を表したいと思います。気候も良くなりました。日々の努力の大切さをしみじみと感じながら、大いに勉学に頑張ってほしいものです。

後期に入ると、現地実習がはじまりますが、理学療法学科では8月中に現地実習が始まりました。今後、各学科とも現地実習に入っていきますが、現場での対応能力と技術力が身につくと思います。11月には学校祭が待っています。日頃の成果を発表したり、皆んなで楽しめるイベントを期待しています。