FC2ブログ
2015
0227
Fri
tb* -
com*-

医薬健康学科 OSCE(オスキー)優秀者披露会を行いました

2月26日、卒業まであとわずかとなった2年生によるOSCE優秀者披露会が行われました。
OSCEとは、基本的な臨床能力の習得度を客観的に評価する試験で、医薬健康学科では社会に出るこの時期に実施しています。先に実施したOSCEの筆記試験と実技試験から優秀者が選ばれ、その優秀者による披露会が行われました。
優秀者は4名。司会は学生が務め、学生主体で進行します。

20150227-1.jpg
入室して、会場にいる方々に挨拶をします。お客役は学科の教員が演じます。

20150227-2.jpg

来店されるお客様の症状に合わせた薬を選びますが、そのためにはヒアリングが欠かせません。相手の話を誠実に聞き、お客様に気持ちよく話をしていただくことが必要となります。
ヒアリングを通してお客様の不安や疑問に丁寧に答えていきます。お客様情報を的確につかみ、対応策を提示します。
薬を選び、説明していくには、情報収集力、分析力、構想力、提案力などが必要です。自分が選んだ薬をお客様に納得していただけるよう、丁寧な説明をします。

20150227-3.jpg

アドリブで投げかけられる予想外の質問にも冷静に対応していました。

「いつもは大人しい学生が大きな声で立派に接客をしていた」
「確かな知識と丁寧な応対で好感が持てた」
など、先生方から講評をいただき、2年足らずというわずかな期間でここまでできるようになったという成長を感じさせる披露会でした。今後は社会に出て、更に実務経験を身に付け、お客様から「あの人に相談しよう」と選んでいただける登録販売者として、地域社会に貢献していくよう期待しています。

2015
0225
Wed
tb* -
com*-

医薬健康学科 業界研究会

20150223-1.jpg

医薬健康学科1年生では、授業の中で各ドラッグストア企業の方をお招きし、業界研究会を行っています。

株式会社ココカラファイン様を皮切りに、地元のゴダイ株式会社様、全国展開をしている株式会社サンドラッグ様にお越しいただきました。次回は、株式会社マツモトキヨシ中四国販売様を予定しています。

20150223-2.jpg

研究会では、近年急激な拡大成長をしている業界の現状を様々な視点から解説していただきますが、その際には、現在活躍中の本校卒業生も連れて来てくださり、職場の体験談などを詳しく聞ける会社もあります。
本日2月24日の株式会社サンドラッグ様には、ドラッグストア業界の現状、登録販売士の重要性、マーチャンダイジングについてなどについてお話しいただきました。

学生たちも4月からはいよいよ2年生になります。
実務実習先での学びや勉強をより深め、将来の就職や社会人生活への具体的なビジョンを描くための貴重な時間となることでしょう。

2015
0217
Tue
tb* -
com*-

「姫路駅周辺・直下地震災害対応訓練」に参加しました

20150217-05.jpg

2月17日(火)、「ビジネスアワーに直下地震が発生し、市内中心部で多発分散型災害が発生した」との想定で、消防、警察、医療機関等が連携した大規模な災害訓練が姫路駅周辺で行われました。この訓練は、18機関、25車両、約500人が参加する兵庫県内でも最大規模の訓練で、本校も近隣の事業所の1つとして参加協力しました。

20150217-02.jpg

まず、校内で地震発生時に身を守るためのシェイクアウト訓練 ~まず低く、頭を守り、動かない~ を行いました。次に、各学科の1年生から選抜された約60人の学生たちは、負傷者役、避難者役になったり、本校の車椅子で他の事業所の負傷者を搬送したりする訓練に参加。

20150217-00.jpg

負傷者役の学生は、ムラージュという医療用の特殊メークで、顔を青白く塗ったり、打撲や切り傷の痕をつけたりした上で、意識の状態、歩行の可否など自分に割り当てられた役割を演じました。

20150217-01.jpg

また、車椅子を押して、負傷者の避難を手助けした学生は、いつも以上に慎重にマンホールのふたを避けるなど段差に気をつけながら、「大丈夫ですよ」と優しく声をかけていました。

20150217-04.jpg

医療・福祉の分野に進む学生たちにとっては、自分を守るだけでなく、対象者の安全・安心を考え行動することをイメージすることのできた、よい訓練になりました。


2015
0212
Thu
tb* -
com*-

医薬健康学科 ビューティケアアドバイザー認定試験

2月5日(水)スクーリング
2月6日(木)応対技術試験、学科認定試験

 「ビューティケアアドバイザー」は、ビューティケアに関する正しい知識を習得し、個人のもつ悩みや要望を解決し、地域に暮らす方々に美しく快適な暮らしのアドバイスができる日本チェーンドラッグストア協会が認定する資格です。日本チェーンドラッグストア協会から講師が来られて、スクーリングと試験を実施しました。

201502051.jpg
↑講師の塙芙美子先生。厳しい中にも愛情たっぷりのご指導

 スクーリングでは、お客様が入店されてから退店されるまでの接客の練習を行いました。お客様の美点を探していき、お客様に好感を持っていただくための様々な接客ポイントを学びました。

201502052.jpg
↑礼儀正しく、爽やかなレジでの応対

 2日目は認定試験。初日のスクーリングを終えた学生が緊張した面持ちで、応対技術試験に臨みました。
 ドラッグストアで1年間の実習経験があるせいか、おかげさまで講師の先生からは高い評価をいただきました。このスクーリングや認定試験を通して身に付けた経験を、ドラッグストアの現場で活かしてもらえればと思います。


2015
0204
Wed
tb* -
com*-

医薬健康学科 『ヘルスケア講座』

登録販売者の勉強をさらに深めた内容を企業の製品を通して学んでいく商品知識の学習会。1月14日は、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)株式会社様にお越しいただきました。

20150203pg001.jpg

先ず、衣料用洗剤・ヘアケア製品などを例に、各製品ブランドは、お客様の多岐にわたるニーズにこたえるべく、それぞれ異なる特徴があること、またその違いの説明があり、こんなお客さまにはこれを勧めるとよいといったアドバイスをいただきました。
ドラッグストアをはじめとする小売店では、同じ会社の複数のブランドの製品が並べられています。
「何で同じ会社にこんなにも色んな洗剤があるの?」「1種類でいいんじゃない?」「商品がたくさんありすぎて、どれを選んでいいのか分からない…」こうした声が聞こえてくるかもしれませんが、実はお客様のニーズによって、選んで頂きたいブランドが違うのです。

20150203pg002.jpg

そこで男性のみなさん!家で女性用のシャンプーを使用しているという人、いませんか?
男性の立場からどのようなシャンプーを選べば良いのかという質問が男子学生からありました。髪を染めたり、女性のような長い髪でない場合は、髪が傷むことも少ないので、ダメージヘア専用の製品を選ぶ必要はないとのことでした。
次は紙おむつ「パンパース」の吸水実験。「パンパース」に水をペットボトルから一気に注いでみましたが、一切漏れることなくおむつに吸収されました。大量の水を吸水し、後もどりしない商品を目の当たりにし、吸水性の凄さを実感しました。
20150203pg003.jpg

衣料用洗剤「アリエール」では、油汚れがいかに取れるのかを体験。アリエールの液体を溶かしたビーカーに油に浸した布を入れると、時間とともに油が布から引きはがされ、ビーカー表面に浮き上がってくる様子を確認しました。
こんなに簡単に油汚れが取れていく様子にみんな驚きの声を上げていました。
 
さて、各製品には製品の取扱い上の注意に加え、何か不明な点があった場合の連絡先が書かれていますが、実はお客様からの問い合わせに加え、店舗の従業員からの問い合わせも少なくないとのことです。「お客様が楽しくお買いものできるお店環境を作っていただきたい」とのメッセージを頂きました。
そこで、この4月からドラッグストアで働く学生たちは、実際にお客様相談室に連絡する練習も行いました。

20150203pg004.jpg

いつもはなが〜〜く感じられる授業時間ですが、時間があっという間に過ぎていったと、学生たちには好評でした。現場だけではなく、家庭でも活かせる知識を教えていただき、大変感謝していました。