FC2ブログ
2018
1120
Tue
tb* -
com*-

「介護・介助」の体験

今日の医薬健康学科2年生は「介護・介助」の体験実習でした。

blog20181120-1.jpg

ドラッグストアでは、介護用品も数多く扱っています。近年、需要の高まりからアイテムも増えそ介護コーナーは年々拡充しています。登録販売者は医薬品の知識だけでなく、身近なアドバイザーとして介護についても知っておく必要があります。お客様に尋ねられても柔軟に適切に対応できるよう、介護や介助も勉強しています。

blog20181120-2.jpg


平行移動、着替え、またオムツの交換などの介助法を、互いに実践し合って体験しました。実際にやってみないとわからないことが沢山あります!


2018
1115
Thu
tb* -
com*-

「スポーツ理学療法研修会」に参加してきました

理学療法学科の教員の岩田です。
11月10日(土)は本校の学園祭。毎年、学生さんの作る模擬店を楽しみにしているのですが、今年は残念ながら11月10日、11日とスポーツ理学療法研修会に参加するため広島へ向かいました。

20181115-00.jpg

定員は200名。日本では東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、これから数年の間に多くの国際大会が開催されます。これらの国際大会で理学療法士が活動するためには、最新の知識や技能を習得する必要があります。今回の研修会では、アスリートを対象者とするための新たな発見や、知識・技術の再確認をすることができ、非常に内容の濃い2日間になりました。

20181115-2.jpg

資料は2日間でこのボリューム。終わった後は放心状態でした 笑
会場では、日本代表チームでトレーナーをしている理学療法士仲間と久しぶりに再会することができました。

20181115-1.jpg

本校卒業生の和田先生も受講。学生さんと同じように、教員も日々勉強しています。経験してきたことだけではなく、新しく得た知識や技術を理学療法士を目指す学生さんに還元していくことも教員の仕事です。

本校では、スポーツ分野で活躍できる理学療法士を育成していくために、来年度からトレーナーコースが開設されます。
本校で、様々な分野で活躍できる理学療法士を目指しませんか。

理学療法学科教員
岩田 秀治


2018
1112
Mon
tb* -
com*-

「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会」に行ってきました

理学療法学科の教員、片山です。
11月9日(金)・10日(土)の2日間、幕張メッセ(国際会議場・国際展示場)にて開催された日本呼吸ケア・リハビリテーション学会に参加してきました。

この学会では、理学療法士のほか、医師、看護師、作業療法士など様々な職種が参加されており、呼吸器疾患患者さんに対する呼吸管理について基礎的、臨床的な研究成果の情報交換の場として毎年開催されています。
私は、これまで呼吸リハビリテーションに多くの時間を過ごせてきたつもりですが、それでも改めて勉強会することで、忘れていたことを思い出したり、新たに学ぶことがあったりと、とても勉強になりました。日々勉強の姿勢を忘れずに、これからも頑張ろうと思います。

20181112-01.jpg
今年で28回目を迎える学会。久しぶりの学会参加に緊張しました。

20181112-02.jpg
会場内は、ポスター発表や呼吸に関係する機器など各ブースにわかれ、展示されていました。医療・福祉従事者はじめ、企業の職員、学生の姿も見られました。

20181112-03.jpg
最先端の呼吸機器にびっくりでした。企業の担当者様より、呼吸器の「イロハ」をとても分かりやすく教えて頂きました。

ハーベスト医療福祉専門学校
理学療法学科 片山 芳信


2018
1108
Thu
tb* -
com*-

「姫路駅周辺・都市型災害対応訓練」に参加しました

11月7日(水)、駅構内からホテル、百貨店や地下街、商店街なども含めた姫路駅周辺の広い範囲で、南海トラフ地震発生を想定した「姫路駅周辺・都市型災害対応訓練」が行われました。姫路市や消防団、警察署、医療機関等も連携した兵庫県下でも大規模な訓練で、ここ数年毎年行われています。

20181107-0001.jpg

この日は天気もよく、良いコンディションで実施され、理学療法学科昼間部3年生の合計13名が参加しました。本校へも消防局員1名が来られ、初動対応の評価を受けました。各学生は、JR姫路駅、山陽電車姫路駅、地下街の3か所に分かれ、それぞれが役割を果たしました。

20181107-0002.jpg

万が一ですが、もし有事の際には、患者さんや利用者の方々を手当てしたり、安全に誘導したりしなければならない立場になります。今回の訓練に参加させていただいたことは、大変勉強になったのではないかと思います。


2018
1106
Tue
tb* -
com*-

太市こども園でリトミック

姫路市の太市こども園にて、2年生が子どもたちとリトミックを通して触れ合いました!!まずは、子どもたちがお兄さん、お姉さんとペアになって… 音とリズムで自己紹介!

blog20181106-001.jpg

音の合図で、お兄さん、お姉さんの足の上からドスン!

blog20181106-002.jpg

音がとまったら手をぴたー! みんなよ~く音をきいてます♪ この「聴く力」「感じる力」は、相手の声や相手の心を読む力に育っていきます。

blog20181106-003.jpg

一緒に「魚ごはん体操」にも挑戦! 

blog20181106-004.jpg

お兄さんお姉さんの、おさかな帽子をかぶり、鯛やタコ、イカ、亀など海の生き物になりました。音に合わせて、歩いたり、走ったり、泳いだり!!リズムに合わせてすーいすーい!

blog20181106-005.jpg

太市こども園の先生方、子どもたち、今回もお世話になりまして、ありがとうございました。子どもたちに会った後は学生の意欲が倍増!保育士の先生方や子どもたちに支えられて育つ保育士の卵たちです!
本当にありがとうございます!






2018
1105
Mon
tb* -
com*-

移乗介助法の実技試験

blog20181105-04.jpg

11月30日(火)、理学療法学科昼間部2年生を対象に実技試験を行いました。試験内容は、日常生活活動の授業で学んだ移乗介助法です。移動介助とは、人が生活するうえで必要になる「起き上がる」「座る」「歩く」ことが困難な方のために、移動の際に介助することをいいます。介助が必要な方に、安心・安全に行うためにも非常に大切な技術となるため、より確実なものとなるよう技術確認のための試験を実施しています。技術確認のため、お互いの体を使い練習を行っていました。

blog20181105-05.jpg

練習通り・・・とはいかないところも。技術修得のためには、日々の積み重ねを!




2018
1105
Mon
tb* -
com*-

ASハリマアルビオン選手のInBody(インボディ)健康測定


10月24日、31日、理学療法学科昼間部2年生は、なでしこリーグ2部の女子サッカーチーム「ASハリマアルビオン」の選手に、InBody(インボディ)による健康測定を行いました。

blog20181105-02.jpg

これは『スポーツ疾患の理学療法』の授業の一環で、選手の今の体の状態やトレーニング方法を知り、よりよいパフォーマンスを生むためには何が必要か・・・など、スポーツ分野のさまざまな学びを得ることを目的としています。

blog20181105-01.jpg

InBodyは、体の成分である体水分量や筋肉量などを測定する高精度体成分分析装置で、理想的な筋肉量や脂肪量の調節目安も把握することができます。このInBody測定を定期的に行うことによって、ケガの予防やトレーニングの成果を客観的に判断することができます。

blog20181105-03.jpg

その後、チームの練習を見学させていただきました。


2018
1101
Thu
tb* -
com*-

ASハリマアルビオンの練習見学

blog20181101-1.jpg

理学療法学科1年生は9月26日(水)、10月3日(水)、10月10日(水)、10月17日(水)の4回に分けてASハリマアルビオンの練習見学に行って参りました。見学の目的は1.サッカーの特徴的な動きを知ること 2.サッカーの動きはどのような筋肉が必要かを知ること 3.どのようなウォーミングアップをしているのか を知ることです。

見学に行った学生からは「サッカーの特徴的な動きは前に進みながら横への切り替えしが凄く多いと気づきました。中殿筋や大腿四頭筋などの足の筋肉の重要性を知りました。また、体幹や下肢の使い方なども勉強になりました」であったり「競技の特徴的な動きとウォーミングアップの内容に深いつながりがあるように思えた。動きの中でストレッチをしていることも知りました。」などの感想も得られました。

その他「選手の練習を間近で見れて良かった」、「歩き方がサッカー選手特有であった」、「海外選手とのコミュニケーションはどうしているのだろう」、「選手の頑張っている姿に勇気をもらいました」などの感想も得られました。

理学療法学科1年教員
石井裕之