2014
0519
Mon
tb* -
com*-

医薬健康学科1年生の授業を紹介します☆

「医療概論実習」 医薬健康学科1年生

4月に入学してから早1ヶ月が経ち、1年生は学校生活にも慣れてきたようです☆
現在は、一般教養や、7月からの実習に向けて接遇マナーや教養などを勉強しています。その中に実習・体験を通して、医療人としての心構えを学ぶ「医療概論実習」があります。今回はこれまで行った実習の様子をご紹介します。


それでは実習の様子をご覧ください(*^▽^*)

【4月17日】血圧測定
0519-1.jpg
血圧計を実際に使用して、使用方法や正常値はどれくらいなのかを学びました。男子学生は測定前に階段の上り下りを繰り返し、息切れした状態で測ってもらいました。(*^_^*)高血圧がどのような状態かを知ることができました。

【4月25日】化粧水づくり
0519-2.jpg
0519-2-1.jpg
化粧水づくりでは、それぞれの分量を正確に測り、グループで協力して作りました。材料はドラッグストアですべて購入できるものばかりで、予算もひとり100円ほどで作れます。日頃の感謝を込めて、親にプレゼントした学生もいました☆



【5月9日】漢方薬「葛根湯」づくり
0519-3.jpg
0519-3-1.jpg
発汗作用を促進し、風邪の引き初めに良いとされる葛根湯を作りました。7つの生薬を調合して、沸騰したお湯に入れて煮出しました。試飲の時、グループによって甘かったり苦かったりと分量によって味の違いが出ていました(*^。^*)


【5月16日】ハンドクリームづくり・調剤体験「胃腸薬」
0519-4.jpg
ハンドクリームではグリセリンとワセリンを使用して作りました。
調剤体験では胃腸薬に食紅を混ぜて色もつけました。出来た粉薬を薬包紙でこぼれないように包み、処方箋に入れるところまで体験しました。

このような貴重な経験をしたことで、医療人としての使命感ややりがいなどを感じとってくれたと思います。またグループでの作業の中で、友達に対する配慮や心配りも見られました。ぜひ7月から始まる実習でお客様や社員の方に実践してもらいたいと思います。