FC2ブログ
2014
0724
Thu
tb* -
com*-

避難訓練

7月23日、地震が起きたという設定で校内で避難訓練を実施しました。

20140723-1.jpg

校内アナウンスが流れると、生徒たちは指示に従って階段を利用してすみやかに講堂へ移動しました。
理学療法学科と介護福祉学科の学生たちは、車椅子の人を避難させるという訓練も同時に行いました。将来の職場では、災害が起きたとき患者や高齢者の方々、子どもたちやお客様を安全に避難誘導し、初期活動にあたる立場となります。

20140723-2.jpg

避難後に集まった講堂で、北村教頭先生は江戸時代の播磨国出身の俳人、
滝瓢水の句を挙げてお話ししてくれました。

「浜までは 海女も 蓑着る 時雨かな」

これから海に潜る海女が、雨除けに蓑を着て浜に向かう姿を詠んだ句です。
「どうせ~だから意味がない」とか、
「すぐに~だからやってもやらなくても同じ」
といことにはしない、一つ一つの意識の持ち方のお話でした。

このような事態は起こらないのが一番良いのですが、
もしもの場合でも、きちんと最善の行動ができるように
普段からしっかり練習しておくという訓練でもあります。
そういう心掛けをいつまでも忘れないでくださいね。