2014
1003
Fri
tb* -
com*-

ひめじ防災プラザで「普通救命講習」

 9月の登録販売者試験が終わった医薬健康学科2年生は、医療人としてのスキルアップのため様々な取得資格に向けてチャレンジします。今回、ひめじ防災プラザにて「普通救命講習Ⅰ」を受講しました。
救命講習は消防局・消防本部が指導し認定する公的資格の一つで消防局の職員と応急手当普及員のスタッフの方々から、心肺蘇生やAED、異物除去の講習を受けました。

20141003aed-2.jpg

 消防局の職員の方のお話では、ドラッグストアにおいても年間に数件は心肺蘇生法を行うような事故が起こっているとのことでした。AEDがあるのにその使用法を知らず、使用しなかったということで、訴訟になったこともあるとのことでした。
 学生たちは、資格取得というより、医療人として応急手当てが必要な現場に遭遇したときに率先して動けるよう、一生懸命取り組みました。

20141003aed2.jpg

心臓マッサージの方法についても指導していただきました。胸が5㎝程度沈む位の強さで圧迫する必要があり、思いの外強さが必要でした。「力が足らない、もっと強く、もっとリズミカルに」と指導いただきました。