2015
0204
Wed
tb* -
com*-

医薬健康学科 『ヘルスケア講座』

登録販売者の勉強をさらに深めた内容を企業の製品を通して学んでいく商品知識の学習会。1月14日は、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)株式会社様にお越しいただきました。

20150203pg001.jpg

先ず、衣料用洗剤・ヘアケア製品などを例に、各製品ブランドは、お客様の多岐にわたるニーズにこたえるべく、それぞれ異なる特徴があること、またその違いの説明があり、こんなお客さまにはこれを勧めるとよいといったアドバイスをいただきました。
ドラッグストアをはじめとする小売店では、同じ会社の複数のブランドの製品が並べられています。
「何で同じ会社にこんなにも色んな洗剤があるの?」「1種類でいいんじゃない?」「商品がたくさんありすぎて、どれを選んでいいのか分からない…」こうした声が聞こえてくるかもしれませんが、実はお客様のニーズによって、選んで頂きたいブランドが違うのです。

20150203pg002.jpg

そこで男性のみなさん!家で女性用のシャンプーを使用しているという人、いませんか?
男性の立場からどのようなシャンプーを選べば良いのかという質問が男子学生からありました。髪を染めたり、女性のような長い髪でない場合は、髪が傷むことも少ないので、ダメージヘア専用の製品を選ぶ必要はないとのことでした。
次は紙おむつ「パンパース」の吸水実験。「パンパース」に水をペットボトルから一気に注いでみましたが、一切漏れることなくおむつに吸収されました。大量の水を吸水し、後もどりしない商品を目の当たりにし、吸水性の凄さを実感しました。
20150203pg003.jpg

衣料用洗剤「アリエール」では、油汚れがいかに取れるのかを体験。アリエールの液体を溶かしたビーカーに油に浸した布を入れると、時間とともに油が布から引きはがされ、ビーカー表面に浮き上がってくる様子を確認しました。
こんなに簡単に油汚れが取れていく様子にみんな驚きの声を上げていました。
 
さて、各製品には製品の取扱い上の注意に加え、何か不明な点があった場合の連絡先が書かれていますが、実はお客様からの問い合わせに加え、店舗の従業員からの問い合わせも少なくないとのことです。「お客様が楽しくお買いものできるお店環境を作っていただきたい」とのメッセージを頂きました。
そこで、この4月からドラッグストアで働く学生たちは、実際にお客様相談室に連絡する練習も行いました。

20150203pg004.jpg

いつもはなが〜〜く感じられる授業時間ですが、時間があっという間に過ぎていったと、学生たちには好評でした。現場だけではなく、家庭でも活かせる知識を教えていただき、大変感謝していました。