FC2ブログ
2018
0201
Thu
tb* -
com*-

卒業生による実技実習

 平成30年1月22日(月)~26日(金)の5日間、理学療法学科昼夜間部1年生を対象に本校で実技実習を行いました。実習内容として、後期の授業で学んだ関節可動域測定、徒手筋力検査法、形態測定です。ヒトの身体状態を知るうえで、非常に大切な検査技術となるため、より確実なものとなるよう集中的な期間を設け、実施しております。

blog20180201-r1.jpg
卒業生より自己紹介。学生は少し緊張ぎみでした。

 この実習期間中、学生を指導していただいているのは、本校の卒業生です。日頃、多忙な業務にもかかわらず、後輩育成のため、協力をいただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

blog20180201-r2.jpg
blog20180201-r3.jpg

 卒業生との久しぶりの対話に懐かしさを感じる中、臨床現場での様子を聞いていると、まだまだ苦労が絶えないようでした。
しかし、学生への指導にあたってくれている姿を見ていると少し頼もしさを感じました。また、学生たちも卒業生から現場での話を交えながらアドバイスを受けることで、理解が深まったのではないかと期待しています。

blog20180201-r5.jpg
blog20180201-r7.jpg

卒業生より、技術をチェックしていただきました。実際にやっていただいたり、骨模型によりイメージ作りをしたりいろんな手法で、アドバイスをしていただきました。

blog20180201-r7.jpg
blog20180201-r8.jpg

卒業生より、指導をいただいた後は、各自、練習を行いました。練習後、一人一人、確認のテストを行いました。
練習とおり、できましたか?????

blog20180201-r6.jpg

この写真は、一日、使用した後の教室です。一日の実習終了後、何も言わなくても、学生自らによって整理整頓がされていました。教員一同、感動!!知識・技術も大切ですが、この当たり前の行動ができることに勝るものはないと感じた瞬間でした。