FC2ブログ

車椅子バスケットボール体験

3月24日(水)、姫路市立中央体育館にて、理学療法学科の授業の一環として、障がい者スポーツの体験授業を行いました。車椅子バスケット「チームWeB」をお招きし、車椅子スポーツに対する理解を深めるとともに、障がい者を取り巻く現状と問題などを認識し、ノーマライゼーションの大切さや共生社会のあり方について考える貴重な時間となりました。

100405-1.jpg

参加した学生の感想を紹介します。
「高校生の時、バスケット部でしたが、車椅子バスケットも同様で、体力・力・チームワークがとても重要だとわかりました。今回の体験授業で、障害を持つ方を身近に感じることができました、こんな素晴らしい経験をさせていただいたチームWeBのみなさん、ありがとうございました」
岡田 和希

「車椅子バスケットは、ゆっくりとしたスポーツというイメージを持っていましたが、実際やってみると、ものすごいスピードで迫力があり、すごく楽しかったです。車椅子を動かし続けた腕が、筋肉痛になりました」
小林 健太郎

「チームWeBの方たちの話で、車椅子での日常生活に対して、不便だとは全く思っていなくて、ものすごく前向きに物事を考えていたことに感動しました。障害を持つ方たちが、今より日常生活を快適に過ごしていただけるように、困りごとに応えることが出来る理学療法士になりたいと強く思いました」
天野 保奈美(他2名)

車椅子バスケットボールは、障がいの有無、年齢、性別に関係なく誰でも一緒に楽しめるスポーツです。これをご覧になっているみなさんも、ぜひ一度体験していただきたいと思います。スピード、迫力、本当に凄くて圧倒されますよ~!!

100405-2.jpg