FC2ブログ

「滋賀県理学療法士協会国体支援部研修会」で講演

理学療法学科教員の岩田です。
2024年に開催される滋賀国体(国スポ)に向けて、トレーナーとして活躍する理学療法士養成研修の一環で、滋賀県理学療法士協会国体支援部から「トップアスリートに関わる理学療法士」というタイトルで講演依頼をいただきお話してきました。
会場には、スポーツ分野での活躍を目指している当校卒業生たちも受講してくれました。

blog20206-ri01.jpg

スポーツ分野に関わる先生方が集まるこの講演では、当校のスポーツトレーナーコースの取り組みもご紹介させていただきました。一昔前のトレーナーといえば、マッサージやテーピングをする人でした。時代は大きく変化し、現在ではスポーツ医科学に基づいた最新の知見をベースに、「動作分析」をした上で、選手のコンディショニングにあたります。私は、ここに理学療法士としてトレーナー活動をする意味があると考えています。当校のスポーツトレーナーコースでは「動作分析」からトレーニング指導までしっかりできる理学療法士を養成しています。

blog20206-ri02.jpg

現在、スポーツトレーナーコースの学生たちは、今週末の日本トレーニング指導者協会JATI-ATIの認定試験に向けて、最後の追い込み中です。あと少し、頑張れ‼︎

blog20206-ri03.jpg