FC2ブログ

トレーニング指導者認定試験受けました!

blog20200225rgk-01.jpg

理学療法学科教員の髙橋です。令和2年2月9日(日)、理学療法学科トレーナーコース学生13名が大阪学院大学で行われた日本トレーニング指導者協会認定試験を受験し、担当教員の岩田と髙橋の2名で引率してきました。当日は朝からとても風の強い寒い日でしたが、学生たちは元気に試験を受けて来ました。

昨年4月よりスタートした理学療法学科トレーナーコースですが、他の大学や専門学校では2年生終了時、もしくは3年生終了時に指導者認定試験を受験するところが大多数の中、ハーベストでは1年生が受験しました。慌ただしい毎日でしたが、この日のために10か月間たくさんの準備をして、学生たちは通常の理学療法学科の授業とトレーナーコースの授業を頑張ってくれました。試験終了後は充実した様子で全員笑顔で集合して「やり切りました!結果はどうあれ悔いはありません。」「難しかったけど精一杯やりました。」と話していました。現地解散直後には「大阪の串カツ食べて帰ります!」という声も聞こえてきました。お疲れ様でした。

blog20200225rgk-02.jpg

認定試験後は休む間もなくトレーニング実技試験が本格化しています。
トレーニング指導を行うには、まず自らがしっかり方法、注意点、鍛える筋肉などを理解できて、対象者に説明が出来ないとトレーニング指導は出来ません。教員岩田の厳しい目が光ります。