FC2ブログ

評価学の実技試験!ドキドキ…

こんにちは。理学療法学科 教員の戸田です。

先日、理学療法学科昼間部・夜間部2年生の学生が評価学の実技試験を終えました。評価学では、治療や治療後に、その患者様の身体が今どのような状態なのかを把握する(評価する)方法を学ぶ教科です。

blog0807-01.jpg

今回の実技試験範囲は、約100項目‼
約100項目ある中からどの項目が試験に出題されるのか、各ブースで発表されます‼ 
「緊張で覚えたことが飛んでしまいそう…」と緊張している様子がみられました。

blog0807-02.jpg

筆記試験とは違い、実際に人の身体に触れながら行う試験になるので緊張も倍‼ 普段明るく元気な学生も緊張でガチガチ…なんてことも(・・;)

無事試験が終わり安心した表情も見ることが出来てよかったです。
次は期末試験‼ 教科も多く大変ですが、頑張ってね☆