FC2ブログ

「病気がみえる!」サークル

20200824blog-r1.jpg

後期授業は8月24日から開始しています。早速、夜間部を中心とした「病気がみえる!」サークルの活動を行いました。1年生も2年生も、後期は実技系の授業が増えてきますので、その予習も兼ねて、本日のテーマは「触察」としました!

「触察」は理学療法士にとって必要不可欠な知識と技術になります。今日は手始めに実際の体表面上に肩甲骨と棘上筋という筋の形を投影することを行いました。身体に直接触れる学習となりますので、活動前にはしっかりとアルコールで手指消毒を行い、マスクを着用して感染予防に備えました。1年生は初めての経験でしたが、皆よくできていました!

理学療法学科教員 中村